• ホーム
  • アーユルヴェーダのデトックス効果があるから肌質改善まで期待できる

アーユルヴェーダのデトックス効果があるから肌質改善まで期待できる

2020年03月11日
肩にクリームを塗る女性

アーユルヴェーダの中でもオイルマッサージのアビヤンガが普及している日本においては、施術を受けることにデトックス効果を期待している方は多いでしょう。体の中にある老廃物や有害な物を排出するデトックスは、時として効果の有無がはっきりしない方法も紹介されますが、アーユルヴェーダの場合はその考え方にとても説得力があります。

一般的なデトックスにおける肌質改善は、体内に老廃物などの良くない物が溜まっている状態が肌荒れの原因であり、それらを排出することが肌質改善につながるとされています。一方、アーユルヴェーダにおいても老廃物の蓄積は良くないこととされており、それは肌荒れに留まらない不調の原因です。では、なぜこうした老廃物の蓄積が体の不調になるのでしょうか。

アーユルヴェーダの理論では老廃物が発生し蓄積する原因は、消化機能であるアグニと呼ばれる消化の火が正常に働いていないことです。人間が摂取した食物は消化されることで栄養となり、アーユルヴェーダでは体を構成する栄養をダートゥと呼びます。また、アグニが正常であれば食物が消化されると同時にオージャスと呼ばれる活気が生まれ、体は新陳代謝の良い状態となり、十分な排泄が行われると同時に髪や爪が正常に伸びる健康な状態となります。しかしながらアグニが正常に働かない状態になると、食物が全てダートゥに変換されず、毒素となる未消化物のアーマとなるのです。このアーマは粘着性があるとされ、スロータスと呼ばれる血管や汗腺など、人間の体にある管に蓄積して閉塞を引き起こし、正常な排泄を妨げるとされます。アーマによってスロータスが塞がれると、アーマの蓄積した場所に応じた症状が現れ、疲労感や便秘を自覚するようになります。それと同時に代謝が低下した状態にでもあるため、ターンオーバーが正常に行われず、肌の不調が現れることもあるのです。

アビヤンガのようなアーユルヴェーダの施術では、アグニの働きが低下したことによって生じたアーマを排出することを目指すので、体の老廃物が排出されやすくなり、デトックス効果が表れます。特にオイルマッサージでは体が温まるため、汗をかくことによるデトックス効果が期待でき、同時に、体に取り込まれたオイルの成分が遅れて排泄されることによってアーマが取り除かれるため、スロータスの閉塞が取れて代謝が良くなります。代謝が良くなることはすなわち肌のターンオーバーが促されることになるので、肌質改善が期待できるのです。

関連記事
アーユルヴェーダのサプリメントは通販サイトで購入できます

日本ではほとんど目にすることはありませんが、アーユルヴェーダにおいても生薬の処方が行われており、3種類のドーシャのバランスを整え、病気の治療や予防に用いられています。残念ながらそれらの生薬に関しては、世界的に安全性や効能が十分に確認されていないことや、国によって医薬品などへの使用が禁止されている植物

2020年03月31日
アーユルヴェーダの自分に合った食事ケアにはどんな特徴があるのか

アーユルヴェーダでは、食を通して3種類の生命エネルギーであるドーシャを整えることも重視しています。さらに特徴的なのは、食事を楽しむことも重視している点です。これは、食事による満足感を得ることによって、純質ともよばれるサットヴァを得ることもドーシャを整えるために大切なこととされているからです。アーユル

2020年04月17日
手軽にアーユルヴェーダを取り入れたいのならサロンに行ってみよう

アーユルヴェーダはインド発祥の伝統医療の一つですが、個人の体質に合わせた処方や予防医学的な側面があったり、現代の美容におけるデトックスに近い考え方を持っていることから、美容のために取り入れたいと考えることも多いでしょう。しかしながら、日本にはインドの伝統医療による治療を行う医療施設はほとんど無く、使

2020年05月23日
日本とインドのアーユルヴェーダにはこんなに違いがあった!

アーユルヴェーダはインドの伝統医療であり、様々な理論や治療法が今日にも伝わり、実践されています。日本においてもアーユルヴェーダという言葉は広まっていますが、日本とインドでは大きな違いのある言葉です。まず、インドにおけるアーユルヴェーダは現在の中国における中医学、日本における漢方医学や鍼灸医学と同じ伝

2020年05月06日
アーユルヴェーダのドーシャを知っていますか?徹底的に解説します!

アーユルヴェーダの基礎的な理論の一つに、トリドーシャ理論というものがあります。これは人間は3つのエネルギーを生まれ持っており、それらは体内で欠かせない働きをしている一方で、ドーシャは病気の元とされる病素とも訳され、そのバランスが崩れて特定のエネルギーが増えすぎることによって病気が発生するとされていま

2020年02月28日