• ホーム
  • アーユルヴェーダの自分に合った食事ケアにはどんな特徴があるのか

アーユルヴェーダの自分に合った食事ケアにはどんな特徴があるのか

2020年04月17日
考えている女性

アーユルヴェーダでは、食を通して3種類の生命エネルギーであるドーシャを整えることも重視しています。さらに特徴的なのは、食事を楽しむことも重視している点です。これは、食事による満足感を得ることによって、純質ともよばれるサットヴァを得ることもドーシャを整えるために大切なこととされているからです。アーユルヴェーダにおける食事は各個人のドーシャのバランスやその特徴を踏まえたうえで、増えすぎることによって病気を引き起こすドーシャを押さえ、病気を予防して健康を増進するための手段といえます。では、どのような体質の人が何を食べたらよいのでしょうか。

風のエネルギーであるヴァータが強い体質の人は、生活リズムが不規則になる傾向があるので、規則正しく食事をとることが第一です。ヴァータは冷たく乾燥した性質のあるエネルギーとされているので、冷たい物や生の野菜を控え、食事は暖かい鍋料理のように、よく加熱されたもの摂取が勧められます。また、体を温める作用があるショウガやシナモンを取り入れることも勧められますが、エネルギーのバランスが変わりやすいので取り入れすぎには注意が必要です。

火のエネルギーであるピッタが強い体質の人は消化の力であるアグニが強く、食欲が旺盛な傾向にあります。そのため、食事を抜くと空腹がより一層強く感じられるので、きちんと食べることが精神の安定にもつながります。食事の内容は塩分や油分を控えた緑黄色野菜を取り入れ、食べ過ぎに注意することが大切です。また、熱の性質を持つピッタを押さえるには、体の熱を取るカルダモンを取り入れたり、胃腸の働きをよくするターメリックを用いるのも勧められます。

水のエネルギーであるカパが強いか体質の人は体重が増えやすい傾向にあり、カパは粘り気のある性質と冷たい性質を持っていることから、体を温めて代謝を活性化させる食品が良いとされます。また、ゆっくりと食べることも重要です。食事には体を温める作用のあるショウガや、胃腸を刺激して便通の改善も期待できる黒コショウのほか、加熱されていない蜂蜜を取り入れることも勧められています。

アーユルヴェーダにおける食の考え方は日常生活においても取り入れやすく、毎日の食事を見直すことからも始められます。そして、食による効果を得るうえで重要なのは、アーユルヴェーダのトリドーシャ理論を知り、自分がどの体質に当てはまるのか、あるいは、どのドーシャが増えているのか、増えやすいのかを知ることです。

関連記事
アーユルヴェーダのサプリメントは通販サイトで購入できます

日本ではほとんど目にすることはありませんが、アーユルヴェーダにおいても生薬の処方が行われており、3種類のドーシャのバランスを整え、病気の治療や予防に用いられています。残念ながらそれらの生薬に関しては、世界的に安全性や効能が十分に確認されていないことや、国によって医薬品などへの使用が禁止されている植物

2020年03月31日
手軽にアーユルヴェーダを取り入れたいのならサロンに行ってみよう

アーユルヴェーダはインド発祥の伝統医療の一つですが、個人の体質に合わせた処方や予防医学的な側面があったり、現代の美容におけるデトックスに近い考え方を持っていることから、美容のために取り入れたいと考えることも多いでしょう。しかしながら、日本にはインドの伝統医療による治療を行う医療施設はほとんど無く、使

2020年05月23日
日本とインドのアーユルヴェーダにはこんなに違いがあった!

アーユルヴェーダはインドの伝統医療であり、様々な理論や治療法が今日にも伝わり、実践されています。日本においてもアーユルヴェーダという言葉は広まっていますが、日本とインドでは大きな違いのある言葉です。まず、インドにおけるアーユルヴェーダは現在の中国における中医学、日本における漢方医学や鍼灸医学と同じ伝

2020年05月06日
アーユルヴェーダのデトックス効果があるから肌質改善まで期待できる

アーユルヴェーダの中でもオイルマッサージのアビヤンガが普及している日本においては、施術を受けることにデトックス効果を期待している方は多いでしょう。体の中にある老廃物や有害な物を排出するデトックスは、時として効果の有無がはっきりしない方法も紹介されますが、アーユルヴェーダの場合はその考え方にとても説得

2020年03月11日
アーユルヴェーダのドーシャを知っていますか?徹底的に解説します!

アーユルヴェーダの基礎的な理論の一つに、トリドーシャ理論というものがあります。これは人間は3つのエネルギーを生まれ持っており、それらは体内で欠かせない働きをしている一方で、ドーシャは病気の元とされる病素とも訳され、そのバランスが崩れて特定のエネルギーが増えすぎることによって病気が発生するとされていま

2020年02月28日